日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
とりあえず系(126)
恋愛系(5)
ペット系(39)
グルメ系(2)
レシピ系(2)
グチ系(2)
オシゴト系(6)
旅行系(4)
釣り系(3)
スポーツ系(2)
ゲーム系(2)
アニマン系(2)
社会派系(4)
闘病系(3)
オトナ系(35)
今日の日...
今日の日...
今日の日...
今日の日...
今日の日...
今日の日...
今日の日...
今日の日...
今日の日...
今日の日...
今日の日...
今日の日...
今日の日...
今日の日...
今日の日...
今日の日...
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

 quaxa895さんの日記「今日の日記」
quaxa895
quaxa895とりあえず系恋愛系ペット系グルメ系レシピ系グチ系オシゴト系
旅行系釣り系スポーツ系ゲーム系アニマン系社会派系闘病系
オトナ系
RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆?才作家QRコード
作家QR
 コード 
 
2017年12月
     1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
      

→最初の日記
→全部で237日記

今日の日記ペット系日記
大人になってからの幸、不幸は、本人の責任 「幸せか不幸せか」──それは、日頃のホンのちょっとした心がけ次第である。 もとより、人には宿命というものがあり、どういう境遇に生まれるか(男か 女か、どういう時代に生まれるか、どんな環境に生まれるかなど)、どういう 素質をもっているか、などについては、本人が選ぶことはできない。 しかし、素質的、環境的に恵まれていても、不遇のうちに一生を終わる人も いれば、逆に、恵まれない環境に生まれ、育っても、幸せな一生を送る人もい る。 子どもの頃はいざ知らず、一人で生きていけるようになってからの「生き方」 は、「本人が選べるもの」である。 その意味では、各地で戦争、混乱が起き、あるいは、家庭が乱れると、犠牲 になるのは、子供である。 世の大人たちは、よくよくここを考えなければならない。 ということで、一人で生きていけるようになってからの幸、不幸は、本人の 責任なのである。「それでも、人によって、ずい分“差”があるではないか」 という意見もあるだろう。が、だれでも、大なり小なり、「ハンディ」はもっ ているものである。それは、相対的な問題にすぎない。 まわりから、このうえなく幸せな境遇にいると思われている人でも、気苦労 が絶えない人もいるというように──。 そこで大人になってから、幸せになるためにどういう心がけでいたらよいか といえば、《感(受)性と適応力を養うこと》である。 感(受)性を磨くと、これまで気付かなかったことに「気付く」ようになる (なお、感受性と感性とは、辞書などでは、ほぼ同義語として解釈されている。 が、感受性とは感性にくらべると、より受身で、遺伝的なもの、感性は、意識 を変えることにより、鋭くもなり、磨くこともできる、と私は考えるようにな った。以下、より積極的な姿勢を込めて「感性」というコトバを使うことにす る)。 他人が気付かないことまで、気付くようになる──これは、「無知」からの 脱出を意味し、まず、自己実現(幸せ)の障害を一つ乗り越えたことになる。 しかし、そうなると、これまで気にならなかったことが気になり始める。上 役の無能が気になり、同僚や部下の無作法を「不快」だと感じるようになる。 あるいは、得意先の無神経が気に障り始める。 ◆「ある環境の下で、自分のなすべきことに気付く」 ──これも「感性」次第であり、これがすなわち「適応力」となる これで、イライラして当たり散らしたり、上層部や上司に対して批判的、反 抗的な態度をとるようになれば、社会不適応になりやすくなる。 そこをどう調整するかが、感度のよくなった人の課題となる。 それが、《適応力》である。 適応力とは、必ずしも妥協することではない。相手の立場に立って、「どう すれば分かってもらえるか」と考え直し、分かるコトバで話す、ということも 一つの適応力といえるだろう。何かに気付いたが、まわりが認めてくれない、 という場合、「一人よがりになっていないか」と見直すことも、ある意味の適 応力である。 何しろ、ものごとは、「気付くこと」が先決である。どんなに、幸せになる チャンスがあっても、それに気付かなければ、チャンスをモノにすることはで きない。あるいは、逆に、危険が迫ったり、他人にだまされそうになっていて も、「本質を見抜く目」がなければ、思わぬ災いを招くかも知れない。 つまり、ある環境に置かれて、「自分は何をすべきか」に「気付く」ために も、「感性」が必要である。
  
2003・5・17  Sat
つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
不都合な真実
不都合な真実 (書籍/雑誌)
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0




[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています