日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
とりあえず系(126)
恋愛系(5)
ペット系(39)
グルメ系(2)
レシピ系(2)
グチ系(2)
オシゴト系(6)
旅行系(4)
釣り系(3)
スポーツ系(2)
ゲーム系(2)
アニマン系(2)
社会派系(4)
闘病系(3)
オトナ系(35)
今日の日...
今日の日...
今日の日...
今日の日...
今日の日...
今日の日...
今日の日...
今日の日...
今日の日...
今日の日...
今日の日...
今日の日...
今日の日...
今日の日...
今日の日...
今日の日...
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

 quaxa895さんの日記「今日の日記」
quaxa895
quaxa895とりあえず系恋愛系ペット系グルメ系レシピ系グチ系オシゴト系
旅行系釣り系スポーツ系ゲーム系アニマン系社会派系闘病系
オトナ系
RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆?才作家QRコード
作家QR
 コード 
 
2017年12月
     1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
      

→最初の日記
→全部で237日記

今日の日記旅行系日記
最も日記は日記だから読ますためのものではなく 自分の他の為のものであると考えてます…★呪術 世にも不気味な物語 『政界スキャンダルに発展した黒ミサ〈地獄の火クラブ〉』 カトリックを冒涜《ぼうとく》する呪術的な儀式の一つに黒ミサがある。 キリストを讃《たた》える儀式である一般的なミサに対し、故意に逆手をいく ような方法で悪魔に祈祷し、キリストを愚弄《ぐろう》する目的で行なわれる のが黒ミサである。 カトリックではパンとワインがキリストの血と肉をあらわすものだが、黒ミ サでは幼児の小ベンや血が悪魔への捧げ物として用いられる。悪魔の祭壇には、 十字架が逆さまに打ちつけられ、さつじん者の手を模した長く伸びた黒い爪《つめ》 をもつ手が「栄光の手」として飾られたり、ロウソクも黒いものが用いられる。 ときには悪魔への生け贄として、女性が貢がれることもあった。 ただし、黒ミサを開催する目的は大きく二つに分かれていたといえよう。一 つは、規範の厳しいカトリック支配からの脱却を目的に、自由な政治経済活動 や信仰生活を過ごすことを目指したグループである。政財界の大物もメンバー だといわれたヨーロッパの秘密結社フリーメーソンが、黒ミサを行なっていた と噂されたのも、メーソンの目的がまさにカトリック否定にあるからにほかな らない。 そして、もう一つのグループが、黒ミサにともなうオカルトへの興味や、退 廃的で危険な娯楽を楽しもうとするグループだ。 こうした黒ミサは、皮肉なことに、カトリックの総本山ともいえるイタリア で、一八世紀に流行したという。それがヨーロッパ各国に飛び火して、秘密裏 に催されるようになったようだ。当然、黒ミサはカトリック教国では容認でき る儀式ではないため、参加メンバーは世間に漏れないように秘密を誓い合い、 極秘裏に会を催す必要があった。そのため、黒ミサを行なうグループは秘密結 社化していく。 なかなか表沙汰《おもてざた》にならない黒ミサだったが、一八世紀のイギ リスで発覚したことがある。それが「地獄の火クラブ」という秘密結社の黒ミ サだった。 クラブの中心人物は、フランシス・ダッシュウッド卿(一七〇八~八一)。 ロンドンから北西に五〇キロほど離れたバッキンガムシャー州にある名門の家 の御曹司《おんぞうし》として生まれ、なに不自由なく育ったお坊っちゃまで あった。 若いとき、ヨーロッパを旅行する途中で、イタリアで黒ミサに触れ、興味を 覚えたダッシュウッド卿は、旅行中に親友となったサンドイッチの語源となっ たことでも知られるサンドウィッチ伯爵と、帰国後にクラブを結成する。黒魔 術の儀式を行なうクラブへと発展するのも時間の問題で、やがて彼は、「地獄 の火クラブ」の会員となったのである。 「地獄の火クラブ」が黒ミサを行なう秘密結社へと移行した時期などは、関 係者が口を固く閉ざし続けたために不明だが、ダッシュウッド卿が大蔵大臣に 指名される一七六二年まで、一〇年以上は続いていたようだ。 「地獄の火クラブ」は、三〇~五〇名程度の会員規模だったようだが、中心 メンバーはすべてダッシュウッド卿の親友で占められていた。貴族の御曹司な のだから、親友もイギリスの社会的地位を約束されたメンバーばかりである。 サンドウィッチ伯爵のほかに、詩人のポール・ホワイトヘッド、財務長官トマ ス・ポッター。さらに、特別な招待客の中に、後のジョージ三世となるウィリ アム・フレデリックや、後の首相ビュート伯などの大物の名前も見いだすこと ができる。 ダッシュウッド卿は、会員のために豪華なクラブ専用の館を建設し、贅沢な 調度品にポルノ絵画、そして、オカルト関係の書籍が集められ、友好の士をも てなした。会員は酒を飲めることを条件にしたため、ワインやポートワインな どの年代物が豊富に倉庫に用意されたという。 黒ミサではやがて女性も用意されるようになる。ロンドン市内から高級娼婦 を呼んで修道女の衣装を着せて自由気ままにあしらうなど、放蕩《ほうとう》 息子たちは財産と権力に任せて淫靡《いんび》で神秘的な世界に熱中した。一 説によると、麻薬からSMプレー、降霊術、悪魔召還など、規制も束縛もない 背徳《はいとく》の世界が展開されていたという。
  
2003・6・14  Sat
つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
不都合な真実
不都合な真実 (書籍/雑誌)
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0




[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています